中信のある風景

移り変わる中信建設

大正期黎明期
大正9年-大正15年
材木業として諏訪善組始まる。木造建築業を中心に推移。
大正9年…諏訪善組として創業

昭和初期確立期
昭和元年-昭和20年
更級郡、埴科郡地域の学校や役所を中心に、殆どの公共建造物を担う。「昭和橋」は現在も地域の人々の生活 を支える橋として現存。
昭和24年…長野県知事建設業許可取得
昭和25年…中信建設株式会社に商号変更

昭和中期成長期
昭和20年-昭和40年
日本は高度経済成長期、土木工事、構造物の需要が高まっていった。これまでの仕事が評価を受け、建築業者 が少なかったこともあり、長野県北信全域で仕事を請け負うように。

昭和後期全盛期
昭和40年-昭和64年
日本は安定成長時代へ。大型建造物、大規模土木工事等が仕事の中心に。社屋、工場、学校、病院、美術館、 マンション、橋などあらゆるジャンルの工事を請負い、社員数も一時期は100名を超える。

平成期成熟期
平成元年-平成23年
公共工事で培った技術力を礎に、個人住宅や個人店舗にも力を発揮。また、自然災害や環境面への十分な配慮 を行いながら次世代へ繋がる構造物の建築に務める。
平成13年…ISO9001認証取得

確かな技術を次世代へ 中信建設株式会社

  • 中信建設の4つの強み


長野方面からお越しの場合
更埴ICを降り、国道18号線沿いを上田方面へ約20分。「さがみ典礼戸倉法事センター様」を越えてすぐ左側。
上田方面からお越しの場合
国道18号を長野方面へ。
今井交差点から約2分。

このページの先頭へ

中信建設株式会社
〒389-0805 長野県千曲市大字上徳間234番地
TEL 026-261-0141(代)  FAX 026-275-5571
E-mail soumu@chushin-kensetsu.co.jp